• 設計

  • 事業推進部 技術一課

  • 福永 唯志

  • 2013年入社 / 工学部土木環境工学科卒

大学で土木を学ぶうちに、大規模な構造物に関わる仕事に携わりたいと思うようになり、そのなかでも研究領域に近い橋梁には、特に強い興味を持ちました。そして就活をスタートするにあたって教授に相談したところ、川田建設を紹介され、豊富な事業実績を残している点や説明会の時に感じたアットホームな社風に好感を得て、入社を意識するようになりました。学校で学んでいた内容から、部材メーカーの研究職という選択肢もありましたが、研究室にこもって仕事をするよりも、ものづくりの現場で多くの人と関わりながら仕事を進めるほうが自分には合っていると思ったこと、また地図に記されるような構造物を築き上げる仕事がしたいと思ったことが、川田建設への入社を決めた理由です。入社後の研修で、岩手県大船渡市の吉浜高架橋建設プロジェクトに参加したのですが、このときに震災直後の被災地で施工管理の仕事を経験し、施工現場のスケール感や仕事の流れを学んだこと、また仕事の意義と社会貢献性を実感できたことが、その後の設計業務にも生かされています。そして、完成後のこの橋を車で走り抜けたとき、ものづくりの醍醐味を実感することができたことを今でも覚えています。

現在は、複合橋の照査業務を担当しています。照査業務とは、発注時の資料(設計図面や設計計算書、数量計算書等)を精査し、計画通りに施工を行うことができるのかについてチェックをするものです。施工を行う現場の環境なども考えなければならないため、幅広い知識が求められます。川田グループは複合橋についての研究を早くから進めており、この工法では業界をリードする存在です。複合橋は、鋼製の桁をコンクリートで包んだ桁を用いるため、コンクリート橋の川田建設、鋼橋の川田工業、複合橋の詳細設計を行う川田テクノシステムというグループ3社が協働することで、優位性をさらに確かなものとしていくことができると期待されています。私は以前、グループ会社の川田テクノシステムに約2年間出向し、複合橋の設計を幅広く学んできました。この経験が現在の照査業務に生かされています。また私が担当する業務が、グループの優位性確保につながっていくと思うとやりがいを感じます。

  • 2013年4月

  • 事業推進部 技術課

  • 2015年4月

  • 川田テクノシステム株式会社(出向)技術三課

  • 2017年6月

  • 事業推進部 技術一課

「段取り」の重要性に気づかされたことが、私自身の成長につながっていると感じています。入社当初は、目の前の仕事に追われ、その先を見通す余裕がありませんでした。しかし、「段取り八分、仕事二分」という上司の教えに従い、先を見て業務に取り組めるようになると、失敗や後戻り業務が少なくなり、効率的に仕事を進めていけるようになりました。そのために心がけているのは、情報収集を怠らないこと。加えて、あらゆる数字の計算内容をプログラム化したツールを自らつくって業務効率の向上を図ったり、スケジュールの自己管理を徹底したりすることで、ONとOFFとのメリハリのある過ごし方ができるようになりました。おいしいものを食べるのが好きなので、早く終業すると決めた日には、後輩たちを誘って、グルメ番組等で取り上げられた話題の店を探訪して、気分転換を図っています。

大学の卒業時に「技術士補」の資格を取得しているので、次のチャレンジとして「技術士」資格の取得を目指しています。資格を持つことで、お客様とのやりとりもスムーズになり、できる仕事の幅が広がっていくと思っており、外部講師を招いた講座にも積極的に参加するなど、会社が用意してくれているバックアップ制度を活用して、効率的に準備を進めたいですね。特に「技術士」の試験は、日々の業務や課題に対して、自分自身がどう向き合い、どう知識を積み上げ、技量を伸ばしてきたのかが試される場になります。

複合構造橋の照査業務で得た知見を論文というかたちで試験官に示し、川田建設の技術をアピールしたいと思います。また、複合構造橋に関心を持つ人たちを増やし、若い人材を育成することにも注力したいと思っています。一から十までを教えるのではなく、自分の考えを押し付けることなく、後輩たちが自ら考える余地を残して指導にあたる。そうして若手人材を育成することで、複合構造橋の事業を、橋梁の新設や保全と並ぶ、第三の柱にしていきたいと考えています。

-column-

これが私のこだわり

大学時代にはダンス部でヒップホップ系のダンスやDJをやっていました。DJは、高校のときの同級生の友人の影響で始めました。そのつながりで知り合いがどんどん増えていくことが楽しくて、現在でも活動を続けています。休みの日や定時退社した日には、息抜きのために、スタジオを借りて仲間とダンスの練習をしたり、クラブのイベントに参加したりしています。そこで知り合った友人たちとダンスチームを組んだり、飲みに行ったりすることも良いリフレッシュ法になっています。