一般事業主行動計画

次世代育成支援対策推進法

社員が仕事と家庭とを両立させることができ、働きやすい雇用環境の整備を行うことによって、全ての社員がその能力を発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。

1.計画期間 2019年4月1日 ~ 2021年3月31日までの2年間

2.内容

目標1: 育児や介護による時短勤務や休業に対する社員の理解を深めるとともに、計画期間内に、次のとおりにする
男性社員 : 育児休業または、育児の為の短時間勤務や勤務時間帯変更者を1人以上取得すること
女性社員 : 育児休業取得率70%を維持・継続すること
【対策】 ・2019年 4月~ イントラネットへの育児・介護に関する専用ページ開設検討
規定改正(子の看護休暇、育児による勤務時間変更等適用可能期間を小学校3年生終了までに改正する)を行う
目標2: 社員の心身の健康増進を図るとともにワークライフバランスを充実させる観点から、所定外労働を削減するための諸施策を推進する
【対策】 ・2019年 4月~ 残業の原因及び削減策について、アンケート、ヒヤリングによる実態把握と改善策の検討を進める(段階的に総時間外労働時間の削減を行う)
年次有給休暇取得を促進すべく社内周知を行う(有給休暇取得奨励日の設定)
福利厚生の充実(アウトソーシングサ-ビスの導入)
目標3: 学生のインターンシップを積極的に受け入れる
【対策】 ・2019年 5月~ 夏季インターンシップ受入態勢についての検討、体制作り
・2019年 8月~ 夏季インターンシップ受入開始
・2019年11月~ 冬季インターンシップ受入態勢についての検討、体制作り
・2020年 1月~ 冬季インターンシップ受入開始
・2020年 3月 検証 ※2020年度も継続実施

女性活躍推進法

労働力人口減少が想定される中、人材の多様性を確保することが不可欠であり、その中でも女性の活躍推進が重要と考えられるため、次のような行動計画を策定する。

1.計画期間 2019年4月1日~2021年3月31日までの2年間

2.内容

目標1: 女性採用数を増加させる
現行人員(技術系24名、事務系42名)の15%増を目標とする
(技術系+事務系:10名以上)
【対策】 ・2019年度~ ホームページや各種求人において女性社員の活躍ぶりを積極的に紹介する(魅力ややりがいなどの情報発信)
教育現場との連携。現場見学会やインターンシップ受入、出前講座などの実施
目標2: 働き続けられる職場環境を構築する諸対策を検討・実施する
【対策】 ・2019年度~ 現場や事務所におけるトイレ、更衣室、宿舎など働きやすいハード面での環境整備を行う
長時間労働の縮減、計画的な休暇取得に向けたソフト面での環境整備を行う(社長通達や各部門による計画的な勤務計画策定など)
時短勤務や産休、育休など両立支援する規定改正ならびに社内通知
目標3: スキルアップへのバックアップ体制の構築
【対策】 ・2019年度~ 女性リーダー(管理職)登用
女性社員の意識調査、個別ヒヤリングの実施
職域の拡大、積極的登用
意識改革の一環として、女性社員を部下に持つ男性管理職に対する研修等の検討・実施

女性活躍に関する情報の公表

(2019年4月1日現在)

◆新規採用における女性者数 ( )内は新規採用女性比率

2019年4月入社 2018年4月入社 2017年4月入社
6人(31.6%) 3人(15.7%) 6人(27.3%)

◆労働者に占める女性労働者の割合

全体労働者数 621名 100%
女性 72名 12%
男性 549名 88%

◆平均勤続年数 (正社員のみ:再雇用者、契約職員除く)

全体労働者 17年6ヶ月
女性 8年9ヶ月
男性 18年7ヶ月

◆女性社員の育児休業取得率


2018年度 2017年度 2016年度
人数(%) 4名(100%) 3名(100%) 4名(100%)

トップページ | 技術情報 | 会社概要 | IR情報 | 採用情報 | お問い合わせ | サイトマップ