鉄道高架橋建設の省力化と急速化を実現
鉄道ラーメン高架橋のプレキャスト構築工法「ハーフプレキャスト工法」

ハーフプレキャスト

「鉄道ラーメン高架橋のプレキャスト構築工法」は、
東急建設(株)、川田建設(株)、(公財)鉄道総合技術研究所にて共同開発された工法です。

  • 特徴
  • 施工方法
  • 実績
  • お問い合わせ

「ハーフプレキャスト工法について」

 道路や鉄道は、交通や流通のいわば大動脈で、経済活動になくてはならないものです。それ故に市街地などの開かずの踏切による経済活動へあたえる影響は、小さいといえません。このような問題の解決策として近年、鉄道の複々線化や立体交差化が進んでいます。これらの事業は、交通網の改善を図る都市再開発の中核事業として位置づけられます。
 しかし、既設路線の安全確保を優先するため、多くの時間的・空間的制約のもとで鉄道高架橋の建設を行わなければなりません。また、騒音・振動などの周辺環境に与える影響も配慮する必要があります。加えて、深夜の労働時間短縮や建設コストの削減などの様々な課題に対して、合理化と省力化が求められています。
 本工法は、市街地における連続立体化を経済的・時間的に効率よく施工可能にする工法です。

「鉄道ラーメン高架橋のプレキャスト構築工法」についていただいた評価

  • 第13回(平成23年度)国土技術開発賞 優秀賞 受賞
  • 平成22年度 土木学会 技術開発賞 受賞
賞