川田建設株式会社
エコマモール
特徴基本形応用例施工方法技術審査証明お問い合わせ
 「エコマモール」は、工場プレキャスト製の屋根部材・側面壁部材・柱部材等と、場所打ちコンクリート製の底版によって構成される一層多径間構造の雨水貯留施設です。

概要図

柱高3.0〜5.0mタイプ

概要図(柱高3.0〜5.0mタイプ)

柱高1.5〜3.0mタイプ
概要図(柱高1.5〜3.0mタイプ)

特徴

  1. 屋根部材に10mの屋根梁と5mの屋根版があり、両者を組合せて計画貯水量や敷地に適した形状に対応できます。
図面
  1. 柱による阻害率が小さいので,経済的かつ効率的な施設を構築できます。
    ・同じ大きさであれば貯水量を多く、同じ面積であれば浅くできます。
    ・同じ水量を貯める場合に柱の少ない分、掘削量を縮小でき、トータルコストを安くします。
  2. 柱間隔が広いため、メンテナンス時の視界が良好で小型重機等による清掃が可能です。
    小型重機による清掃(イメージ)
  3. 主要部材のプレキャスト化と屋根部材などの部材接合にピン構造を採用することで、現場工期の短縮が図れます。
    ピン構造1 ピン構造2